看護師に求められる事

ターミナルケアとは、回復の見込みがほとんど無い患者さんに対して、肉体的な痛みを取り除いてあげるだけでなく、精神的な苦痛から解放してあげることを目的とした医療のことを指します。
病気を治す事を主な目的とするのではなく、残された人生をどれだけ充実したものに出来るかが問われますので、ターミナルケアを行う看護師の役割はより大切な物になるのです。

看護師に期待される役割としてまず挙げられる事は、患者さんの良き理解者となる事だと言えます。
ターミナルケアを受けている患者さんは、自分に残された余命がどれだけあるのかを完全に理解していない場合が多いです。
そのため、時々襲ってくる痛みに対しては、看護師が適切に対処しなければ患者さんの不安感をより増大させてしまうことになります。

患者さんの病気に対する不安感を出来るだけ解消してあげるには、痛み止めなどの薬の投与などを適切に行う事が重要になります。
しかしながら、痛み止めを使い続ければ患者さんの生活の質が上がるというわけでは無く、適切なタイミングを見計らって薬を使う事が必要となります。
そのため、患者さんを担当している医師との密接な連携を行い、患者さんごとに薬を使うタイミングや量を常に頭に入れておく必要があります。
過剰に薬を使いすぎてしまうことによって副作用が起きてしまったり、場合によっては意識が無くなってしまうなどの重大な症状が出てしまう場合もありますので、慎重な薬の投与を心掛けることが看護師には求められているのです。

Leave a Reply