自宅療法がなかなか実現しない理由

ガンが全身に広がってしまうと、これ以上の治療が出来ないと判断せざるを得ない状況になることもあります。
そこで大切になってくるのが、治療が出来ないからといってそのまま諦めてしまうのではなく、最後をどうやって迎えるべきかというのを考えるという事です。

患者さん自身が、最後をどうやって過ごすのかというのを考えるのはとても大切です。
そして、日本では最後を病院で過ごすのか、それとも自宅で過ごすのかというのを選択する事が可能となっています。
やはり、自分の最後を考えた時に、病院ではなく自宅で最期を迎えたいと願う患者さんが多くいます。
しかし思いとは裏腹に、実際には最後を病院で迎える患者さんがほとんどです。
その理由は、ご家族の意向などでガンの告知が完全に患者さんにされていない場合、患者さんはこのまま治療を続けていたら治るのではないかと思っていることがあるからです。
そのため、最後をどうやって過ごすのかというのを考えずに、ガンの治療の事ばかりを考えてしまうのです。
こういった場合にはインフォームドコンセントをきちんと行い、患者さんやそのご家族が納得をするまで、今の病気の状況や余命はどれくらいなのかというのをきちんと伝えてあげる必要があります。

また、最後を自宅で迎えたいと言っても実現しない理由には、自宅での介護が難しいとご家族が考えてしまう場合もあるからです。
ターミナルケアを行う場合には、きちんとその患者さんとご家族に説明をして、納得のいく最後を迎えられるようにケアをしてあげましょう。

Leave a Reply